STUDIO MINO

-イワナミミノルのシネマライフ-

ジョン・ウー先生監督『マンハント』⭐️⭐️⭐️



ちょっとビックリするくらいダサイッ!!
コレがオイラの夢中になったジョン・ウー先生のセンスなのかと。
完全に『男たちの挽歌』の頃でセンスが止まってる。
久しぶりに夜景バックにジャズっぽいメロウな音楽が流れるのを見た。
久しぶりに『君がこの手紙を読んでいるってことは、僕はもうこの世にいないんだね。』を見た。
しかし、このダサさが福山にはピッタリ。一人ハマっていたように思う(かっこいいかは別)。
『逃がさんぞっ!!』って叫ぶ刑事も久しぶりに見たな(銭形かよ!)。
桜庭ななみちゃんは可愛かった(演技の良し悪しは別。役の良し悪しも別。この役いるのか?ってツッコミもしない。ただ可愛かった)
しかし!!やはりアクションシーンは面白い!!ジョン・ウー節炸裂で、ただただ楽しめた。
しかし、それ以外は。いやあ、本当に見ているこっちが恥ずかしくなるくらいダサかった。
でも、それが大事なんだと思う。
劇中福山が言う。
『やりたくない事も、やりたい事も、全部やるんだよ』
本当に、それが大事なんだと思った。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/19(月) 20:30:13|
  2. 映画おぼえがき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーティン・マクドナー監督『スリー・ビルボード』⭐️⭐️⭐️+0.3



今年の映画始めが2月になってしまったのには訳があって。
というのも、お正月以来Nintendo switch『ゼルダの伝説・ブレスオブワイルド』にハマっていて。
暇があればやっている始末なので、映画館に行っている暇がなかった。
そもそも1月にはこれといって観たい映画がなかったしね。
と、ボヤボヤして2月に入ったら立て続けに観たい映画の公開ラッシュで。
取り急ぎ本作を観に駆けつけた。
印象は『浦沢直樹の漫画のような映画』だった。
出てくるキャラの顔がまさに浦沢キャラだったし、シリアスだと思って観てるとコメディのような演出も入ってくるあたりも浦沢っぽかった。
全然シリアスなシーンなのに隣の外人女性がクスクスしていたので、英語がわかると笑えるシーンだったのかもしれなかった。鑑賞後、パンフレットを読んで納得する部分多々あり。
地味だけど、良かった。
日本でも山下敦弘監督でやれば良いのになと、思った。

  1. 2018/02/09(金) 00:17:11|
  2. 映画おぼえがき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狩撫麻礼先生亡くなられる。

今年最初の記事が訃報になってしまった。
1月14日『ボーダー』『ア・ホーマンス』で知られる漫画原作者・狩撫麻礼先生が亡くなられてしまった。
著作『ハード・コア』が映画化進行中で今年の公開を控えた前の逝去でとても悲しい。
僕は『ボーダー』に滅茶苦茶影響を受けたのでとてもショックを感じている。
あの何とも言えないハードボイルドでダメダメな人間観。
便所小屋でシケモク吸いながらおばちゃんを抱くような妙なリアルな世界かと思っていると、突然UFOが現れるファンタジー。ブルーハーツが好きで何ページにもわたって歌詞がひたすら書いてあるだけっていうのも度肝抜かれた。
きっとUFOに乗って行ってしまわれたのだな。空駆けるバイクのような。
ご冥福をお祈りします。

  1. 2018/01/19(金) 12:34:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上堀内佳寿也監督『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』⭐️⭐️⭐️+0.5



これは素直に面白かったぞ!!
って言うか『オーズ』『フォーゼ』『ガイム』って熱心に観てきたオイラにとってはのハナシで。
それらを観てない人はなんのことやれチンプンカンプンかも知れないけれど。
今『ビルド』を熱心に観ているファンは滅茶苦茶楽しい映画になっていると思う。
少なくとも『スターウォーズEP8』よりは格段に面白いのでコスパは滅茶苦茶良いと思う。
熱心なファンにはオススメ!特に『オーズ』のファンにはオススメ!!

  1. 2017/12/27(水) 21:06:26|
  2. 映画おぼえがき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライアン・ジョンソン監督『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』⭐️⭐️+0.1



長いっ!!!
くだらないっ!!
幼稚っ!!!!
ちょっと、あまりにも考えなさすぎっ!行き当たりばったりすぎっ!!
これで軍隊なのかっ?組織の体をなしてなさすぎっ!!!
ヒドイっ!!
スターウォーズって心から面白いって思ったことなかったけど、今回はひどかったな・・・
しかしっ!!!
なぜかニクめない映画でもある。
何がそうなのか?
何か観終わったあとに残るハートウォームな印象が、ほんの少し、キャンプファイアの残り火のようにチラチラと心に残っている。何だろうか?
あの岩礁に佇んで母乳を搾り取られるクリーチャーが最高だったからか?
いや、それを打ち消すほどに強烈でくだらないまさに金の無駄遣いのようなシーンの方が山のようにあるのだが。
でも、巨大な戦艦の破壊された断面の見事なことといったらなかったぜ。
Xウィングのカッチョ良さは最高だったぜ。
ビームジャベリンも良かったぜ。
ぬいぐるみ感全開のクリーチャーも往年のルーカス映画を彷彿とさせて良かったぜ。
良かったシーンがチラチラと残っている。
それが『新たなる希望』なのかもしれない・・・
でも、かなりヒドイのは間違いない。

  1. 2017/12/18(月) 12:06:28|
  2. 映画おぼえがき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ミノルさん

Author:ミノルさん
気軽にだらだらと綴ってみます。
アニメと映画とラヂオをこよなく愛すアラフォー・しがないイラストレーター・イワナミミノルの日々のつれづれ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる